韓ドラ「ドリームハイ」最終回まで視聴終了♪

韓国ドラマ「ドリームハイ」最終回まで視聴終了♪
このドラマ若者の群像劇としてすごく良かったです~♪
以下ネタばれなしの簡単な感想はmoreへ
a0198131_19384593.jpg

ドリームハイ드림하이 2011 KBS 全16話
キャスト
ペ・スジ→コ・ヘミ役 キリン芸高特別採用で入学、声楽家を目指していた 
キム・スヒョン→ ソン・サムドン役 キリン芸高特別採用で入学 ヘミに一目ぼれ
テギョン→チン・グク(ヒョン・シヒョク)役 キリン芸能高校 特別採用で入学
ハム・ウンジョン→ユン・ベクヒ役 ヘミの親友 ヘミッパ(ヘミのスリッパ)というあだ名あり
チャン・ウヨン→ジェイソン役 キリン芸能高校首席合格者
アイユ→キム・ピルスク役キリン芸能高校生徒、歌唱力あり ジェイソンに好意
オム・ギジュン→カン・オヒョク役 キリン芸能高校の問題教師
イ・ユンジ→シ・ギョンジン役 キリン芸能高校のスター教師
ペ・ヨンジュン→チョン・ハミョン役 キリン芸能高校理事長
J.Y.Park→ヤン・ジンマン キリン芸能高校 英語教師



韓ドラ好きな人ならご存じのこの歌「거위의 꿈(ガチョウの夢)」 はこのドラマでも使われています。

거위의 꿈(ガチョウの夢)
난 난 꿈이 있었죠
버려지고 찢겨 남루하여도  내 가슴 깊숙히 보물과 같이 간직했던 꿈
혹 때론 누군가가 뜻 모를 비웃음 내 등 뒤에 흘릴때도
난 참아야 했죠 참을 수 있었죠
그 날을 위해  늘 걱정하듯 말하죠  헛된 꿈은 독이라고
세상은 끝이 정해진 책처럼 이미 돌이킬 수 없는 현실이라고

그래요 난 난 꿈이 있어요  그 꿈을 믿어요 나를 지켜봐요
저 차갑게 서 있는 운명이란 벽 앞에 당당히 마주칠 수 있어요
언젠가 나 그 벽을 넘고서  저 하늘을 높이 날을 수 있어요
이 무거운 세상도 나를 묶을 순 없죠
내 삶의 끝에서 나 웃을 그 날을 함께해요
늘 걱정하듯 말하죠
헛된 꿈은 독이라고  세상은 끝이 정해진 책처럼
이미 돌이킬 수 없는 현실이라고
그래요 난 난 꿈이 있어요  그 꿈을 믿어요 나를 지켜봐요
저 차갑게 서 있는 운명이란 벽 앞에 당당히 마주칠 수 있어요
언젠가 나 그 벽을 넘고서 저 하늘을 높이 날을 수 있어요
이 무거운 세상도 나를 묶을 순 없죠
내 삶의 끝에서 나 웃을 그 날을 함께해요
私には夢があります 捨てられ 破られ ボロボロになっても
胸の奥深くに 秘めていた夢 
時に誰かが 背中越しに 鼻で笑うけど 
耐えないといけない そして耐えてきた その日のために 
いつも心配そうに言われる かなわない夢は毒だと
この世は結末が決められた本のように 覆すことが出来ない現実だと
そうよ私には夢があります
その夢を信じます だから見守っていて
冷たく立ちはだかる運命という壁に 堂々と立ち向かってみせます
いつか私はその壁を越えて 空高く舞い上がるのだから
重い現実も私を縛ることは出来ない
人生の終わりに 笑えるその日を見届けてください








「ドリームハイ」最終回まで視聴終了♪
このドラマ若者の群像劇としてすごく良かったです~♪
キリン芸能高校に通う6人の若者達の友情と挫折と成長が描かれています。
クオリティーの高い音楽とダンスがドラマをさらに盛り上げます。
歌とダンスシーンが本当に良いんです060.gif

最初のころかなり演技が大丈夫?(汗)と思う子もいましたが、ドラマが進むとともに自然になりきにならなくなりましたね。その成長が見れたのもなんだか満足なんですよね。

大人たちの物語もいいです。
生徒達の支える大人たちもまた成長していきます。
夢を追う生徒の成長を助けることが大人たちの夢でもある。
そんな風に感じさせるからこのドラマは面白かったかも。

あ~日本ロケの回はどうしてもテンポが悪くなってしまっていて要らなかったように思いました。
海外ロケが成功するドラマって少ないような…(汗)
最終回は内容に不満はないのですが、もう少しすっきり出来たような気がします。

話の展開に驚くことはありませんし、私はこのドラマで熱く語りたいことも特にないです。
でも爽やかで大人がみても元気がでるドラマでした~♪
たまにはこういうきらめく青春ドラマをいいわね♪
☆5


キャスト
ペ・スジ→コ・ヘミ役 キリン芸高特別採用で入学、声楽家を目指していた 
キム・スヒョン→ ソン・サムドン役 キリン芸高特別採用で入学 ヘミに一目ぼれ
テギョン→チン・グク(ヒョン・シヒョク)役 キリン芸能高校 特別採用で入学
ハム・ウンジョン→ユン・ベクヒ役 ヘミの親友 ヘミッパ(ヘミのスリッパ)というあだ名あり
チャン・ウヨン→ジェイソン役 キリン芸能高校首席合格者
アイユ→キム・ピルスク役キリン芸能高校生徒、歌唱力あり ジェイソンに好意

オム・ギジュン→カン・オヒョク役 キリン芸能高校の問題教師
イ・ユンジ→シ・ギョンジン役 キリン芸能高校のスター教師
ペ・ヨンジュン→チョン・ハミョン役 キリン芸能高校理事長
J.Y.Park→ヤン・ジンマン キリン芸能高校 英語教師
イ・ユンミ→メン・スンヒ役 キリン芸高教師
ペク・ウォンギル→コン・ミンチョル役 キリン芸能高校 教師
イ・ビョンジュン→シ・ボムス役 キリン芸高教師、芸術部長

ユ・ヨンア→イ・リア役 キリン芸能高校生徒
チョン・アミン→チョ・インソン役 キリン芸能高校生徒、グクの友人
チョン・ミンジュ→チョン・アジョン役 キリン芸高生徒、ベクヒの友人
ハン・ジフ→パク・ドジュン役 キリン芸能高校生徒
パク・チンサン→チョン・テサン役 キリン芸能高校生徒
キム・ボルム→ハ・ソヒョン役 キリン芸能高校生徒


アン・ソヒョン→コ・ヘソン役ヘミの妹
アン・ギルガン→マ社長役 借金取り
イ・ヘスク→ソン・ナムプン役 サムドンの母
チェ・イルファ→ヒョン会長役 グクの父、ヒョニャングループ会長
アン・ソニョン→カン・オソン役 オヒョクの姉

以下ネタバレの自分のメモ的なもの。












ギョンジン「偽のショーを親に見せてなんになるの?」
オヒョク「子供達の晴れ姿を誰より見たいはず…」
ギョンジン「彼らの為を思うなら子供たちの実力不足を早く知らせて、他の道を探させないと 叶わぬ夢を見て時間を無駄にさせないで 生徒達も同じです 飛べもしない生徒に飛べると言って崖から落とす気ですか カン先生は感傷に浸るあまり生徒や親達に罪作りなことをしてる あなたは私よりはるかに残酷です」
オヒョク「確かにそのとおりかもしれません」


オヒョク「ご来場くださった父母観客の皆さん 生徒達への声援心から感謝いたします。 私から皆さんにお詫びしたいことがあります ご覧になったショーケースは実は偽物なのです。今日ここにたったのは本物から脱落した生徒です。その事実を隠すためこの舞台を企画しました。親御さんたちはこう尋ねます “うちの子はスターになれますか 才能があるように見えますか”飛べもしない子が崖から落とされ怪我をしないか心配なはずです 実はその質問に対する答えは私も分かりません 確かなのは飛びたいと強く願う生徒達の気持ちです 誰よりこの舞台を楽しみにして 紙ふぶきを自分で切り刻み成績と関係のないこの舞台のために徹夜で練習しました 夢がかなうまでの時間さえ幸せだと断言する生徒たちです そんな彼らに飛ぶなというのは酷ではないでしょうか 何かに打ち込めるのも才能です その才能は今日ここで発揮されました その才能を信じて彼らに飛んでみろと言いたい 飛べるかどうか分からなくても挑戦しろと言いたいです その過程が幸せであるよう私は全力で尽くします 落ちた時に受け止めてくれる安全綱も必要です それが家族だと思います 今後もお子さんの激励と応援をお願いします ご清聴に感謝いたします。」


ベクヒ「親からダメな娘と言われてきたけど 挽回できたようで嬉しいです。」
記者「感謝したい人を挙げるなら?」
ベクヒ「2人の名前が思い浮かびます 1人は隣にいるグク…いえシヒョクです。彼がいたからショーケースも出られたし、こうしてデビューもできました。もう1人はシ先生です。友達よりライバルが大事というアドバイス そのおかげで今日の私がいます」
記者「ライバルとは?その人にも感謝すべきでは?」
ベクヒ「確かに感謝すべきですね 三流とバカにしてくれたもの 親友にそう言われて目が覚めました」
記者「その人は誰ですか?ここの生徒?」
ベクヒ「誰かは大事ではないと思います そのおかげでここまで来たのだから」
ベクヒのインタビューを聞いて出て行くヘミ 追いかけるサンドン
ベクヒに浴びせた言葉を思い出すヘミ
ヘミ「コ・へミ あんたって最悪だったのね」
サンドン「大丈夫か」
ヘミ「いえ 最悪よ」
サンドン「どうしてだ?」
ヘミ「自分のこと ハニだと思ってたらナ・エリだった。キャンディだと思ってたらイライザだった」
サンドン「俺にも分かるように話してくれ 何のことだ」

この世には2種類の幸せがある 
ひとつはあとから振り返った時気づく幸せ
もうひとつはその場で実感できる幸せ 
その場で実感できる幸せはとても貴くてその時の思い出だけで一生生きていけるほどだ
今日の僕らはきっとそんな瞬間に立ち会っている
一生忘れられないような輝く瞬間に

「うらやましい」
「何が?」
「あの子達よ 何をしてても輝いてる 挫折してる間さえ それがあの年頃の特権よね」
「世の中は公平なものですね」
「えっ?」
「それに気づくのは僕らの年頃だ」
「そうね」
[PR]

by jiyong-xg | 2011-12-03 20:00 | Comments(2)

Commented by けろけろ at 2011-12-05 20:51 x
こんにちは
 今日は映画「戦火の中へ」を見ました。これまた、同じ民族同士戦うお話で、気が滅入ります。
 「ドリームハイ」は少し前に見ました。私が住んでいる名古屋も出てきてうれしかったです。
 戦争物より青春物の方がやっぱりいいですね!
Commented by jiyong-xg at 2011-12-06 00:17
けろけろさん こんばんは(^^)
韓国ドラマは大好きで沢山見ているのに、何故か韓国映画はほとんど見ないですよ~。理由が自分でもよく分からないんですが(笑)これからは映画にもう少し興味を持とう!と思いました。

自分が住んでいる地域で撮影されると妙に嬉しいですよね。
「ドリームハイ」はキラキラして見えて私はすごく楽しかったです♪
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。