韓ドラ「楽しい我が家」最終回を視聴終了♪

「楽しい我が家」なんて題ですが、ドロドロなドラマです(笑)なかなか面白かったです。
a0198131_0113158.jpg


楽しい我が家 즐거운 나의 집  2010年MBC 全16話
演出→オ・ギョンフン(『火の鳥』『ラブレター』『雪の花』)
演出→イ・ソンジュン(『イ・サン』『恋人づくり』『ありがとうございます』)
脚本→ユ・ヒョンミ(『神の天秤』『グリーンローズ』)

キャスト
キム・ヘス→キム・ジンソ役 精神科の開業医
ファン・シネ→モ・ユニ役  ミョン美術館館長、ミョンソン大学財団理事長の妻
シン・ソンウ→イ・サンヒョン役 ジンソの夫 ミョンソン大学映像文学科の非常勤講師
キム・ガプス→ソン・ウンピル役 ミョンソン大財団理事長 ユニの夫
イ・サンユン→カン・シヌ役 刑事
ユン・ヨジョン→ソン・ウンスク役 ユニの夫ウンピルの姉
ナム・ダルム→ イ・ミンジョ役 ジンソ夫婦の息子
イ・ウィジョン→キム・ジンヘ役 ジンソの妹
ソン・ヨンギュ→ホ・ヨンミン役 ジンヘの夫、ミョンソン大専任教授
チョン・ヘソン→パク・トゥルナム役  サンヒョンの母
チョン・ジュウン→ハン・ヒス役 ジンソの友人、医師

第1話のあらすじ
ある晩モ・ユニは夫ウンピル(ミョンソン大学理事長)と口論し大喧嘩になる。首を締めてきた夫から逃れようとワインの瓶で彼の頭を殴る。ウンピルは血を流し床に崩れ落ちる。ユニはその場から逃げ出すが、再び現場に戻ると、きれいに片付けられた部屋、そして夫の姿もなくなっていた。翌朝交通事故で崖下に転落した車からウンピルの死体が発見される。
精神科の開業医のキム・ジンソの夫サンヒョンはミョンソン大学の非常勤講師として働いている。
夫の大学の理事ウンピルの葬儀に参列したジンソは、理事が自分の患者で、しかも彼が因縁のある旧友のユニの夫だったことを知る。




最後まで見てみて思うのは、謎解きをメインと思わず視聴したほうが楽しめるかも。
このドラマは事件をめぐるそれぞれの思惑。登場人物の気持ちやその変化を楽しむドラマかな~と
揺れ動く心 人間の多面的な部分 ウソ 悪意  信頼の崩壊 許し 
今回はラストのまとめ方も納得なのですが、もう少しパンチがほしかったです。
でもやっぱり危惧したとおりに、すごく細かいのに最後のほうはすこし雑だし、途中多少のイラつきもありました。
それと男性主人公のイ・サンヒョンというキャラが最後まで苦手だった。加えて役者さんがワイルド系の容姿のために私には文学を愛する文学科の講師に見えなかったんですね。そう見えたのならもしかしたらこのキャラも納得できたのかもしれないです。最初からヒゲなしだったらまだよかったかもしれない。
いろいろ不満もいいましたが、十分に面白かったです
濃い目の大人なドラマを楽しみたい方はぜひどうぞ。
☆3にするか☆4にするか悩んだんですが、☆3限りなく近い☆4↓です。
以下完全にネタバレの感想を少し





見たい方は反転してください。
  

「そうね 人の記憶だもの 記憶というのは、時の流れとともに 都合よくわい曲されるものなの」
「そうよ わい曲したのは、あんたのほうよ 認めなさい」

ユニ「私ね あんたがうらやましかった サンヒョンさんをあまり憎まないで サンヒョンさんは私とは結ばれない運命だったの サンヒョンさんにごめんなさいと伝えてくれる?」
☆最後のユニのセリフは「うらやましかった」本当に切ない。最悪だった少女時代ユニにとって医者の家の娘のジンゾは「うらやましかった」に違いなくて。それにサンヒョンの存在があって芽生えた悪意。


ヒス「これで安心したわ 苦労したかいがあったわね ご主人教授になったって?」
ジンソ「ええ ついにね」
ヒス「理事のコネでは?」
ジンソ「何ですって?」
ヒス「だって昨日まで大学の理事だった人が、ソン家が退くやいなや、教授になるなんて」
ジンソ「誤解しないでよ うちの人は講義も研究実績も評価が高いの 地方大学出身ではじかれてただけ 今回は実力で選ばれたの」
ヒス「おお怖い これ以上口出しできないわ」
ジンソ「そうよ 家族にケチつけたら承知しないわ」
ヒス「まったく 浮気しろと劇薬を処方したのに それを使わずどうやって仲直りしたのよ」
ジンソ「これまで私は主人を軽率な人だと攻め立ててきたわ でもね私も軽率な人間だった」
ヒス「あら?私が知らない間に何かあったわね」

ジンソ「夫はユニ姉さんの死後、ひと言も彼女の話をしない でも心の中に彼女が生き続けていることを私は知っている 夫は時々彼女を恋しく思うのだろう 心にぽっかりと穴が空いた感覚を今なら理解できる 私が時々あの人を恋しいと思うように…」

いままで正しく生きてきたジンソが殺人事件を巡って、色々な感情を経験し、思いがけず軽率な人間になってしまった。だからだんなを理解し許容できた ということでしょうね。
それだったらジンソとシヌがキスでお別れとかじゃなく、一夜を共にしてしまったとか、徹底的に愛におぼれるとか、二人を深い関係にしてくれたら、上の↑のセリフたちが効いてくるような気がします。いっそ内緒で不倫を続けるとか。
思うに2人の関係があまりにかわいらしいので、ラストのセリフが軽く感じて、そこが不満なところです。


それと軍事政権下のことは多少は知識として知ってはいても、私には分からない部分もあり、その中での大学をめぐる問題は、そうなのね~と思うくらいで、感動をもってみることは出来ませんでした。

ジンソ夫婦と妹夫婦の違いも面白かったし、妹夫婦の存在がホットできて、いい味出してましたね。



[PR]

by jiyong-xg | 2011-10-08 00:23 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。