龍票 清朝最後の豪商

龍票 清朝最後の豪商
2004年 中国  全44話 広東強視影業伝媒有限公司
製作総指揮:フー・グオホア、イェン・シェンチー
製作:ヨウ・ジェンミン、リン・チュープー
総監督:ゴン・イーチュン
監督:サン・ホア、ルオ・ラン
脚本:ワン・ユエウェン、ウー・ザオロン、リー・ユエセン
撮影:サン・ホア、ウー・ロンジー、チュー・バオジョン
編集:ジャン・ウェン、リウ・ルイシュン
美術:ジャン・アイミン

黄暁明(ホァン・シャオミン)→祁子俊(き・ししゅん)役
                   山西祁県の票号「義誠信」の次男。天才的な商才を発揮し巨万の富を築く。
修慶(シウ・キン)      → 恭親王 奕訢(えききん)役 
                道光帝の第6男。祁子俊を利用
孫寧(スン・ニン )     → 関素梅(そばい)役 子俊の兄の嫁で子供(世禎)有り。
                   夫の死後姑の命令で夫の弟・祁子俊に嫁ぐ。
秦嵐(チン・ラン)      → 潤玉 役 戸部官吏の範其良の娘 父の罪で潤玉も流刑となる。後に劇場経営
薛中鋭 (シュエ・ジョンルイ) → 瑞親王 役 奕訢の叔父
蒋欣(ジャン・シン)     →席慕筠(せきぼいん)役  太平天国の幹部
呉 婷(ウー・ティン)   →玉麟 役 奕訢の妹
高蘭村(ガオ・ランツン)  →関近儒 役 素梅の父
樊志起(ファン・ジーチー) →黄玉昆 役 瑞親王の部下



お久しぶりの黄暁明。かなり若い時の作品ですね。
黄暁明もすごくたくさん作品あるけれど日本版DVD見られるもの数えるほど。
もっと華流の波こないかな~と熱望。



a0198131_1351090.jpg

時は1850年清朝末期、山西の「票号」(昔の銀行)「義誠信」の若旦那(次男)祁子俊(き・ししゅん)は支店のある北京にやってきて半月、仕事もそっちのけで毎日遊び歩いていた。
骨董に明るい祁子俊は立ち寄った骨董屋で貴重な玉碗を見つけ、そこに居合わせた奕訢(道光帝の第6男)と玉碗購入めぐり競り合い。なりゆきから彼に大金を貸し、その代わり祁子俊の手元には皇帝の玉璽が捺された一枚の銀票(龍票)が残された。
その頃、清の国力は衰退の一途を辿っていた。
道光帝は英国に対し制裁を加えることを決意。開戦に必要な数百両の軍資金が必要となった。
あせったのは瑞親王(愛信覚羅びんひつ)。彼は自分の利益の為300万両もの公金を密かに持ち出し流用していたのだ。ばれる前に現金を用意しなければいけない。
この公金流用の責任を取らされることになったのは、実際に金を動かす役目を担った範其良(はん・きりょう)。彼は300万両をすぐ取り戻せとの命令に、金の預け先である票号“義誠信”へ向かう。
結局この公金横領をめぐり、範其良と彼の娘・潤玉も巻き込まれてしまう。
そして票号「義誠信」は閉鎖され、祁家の生活も急変。しかも祁子俊も指名手配。
しかし生まれ持った才能とたまたま手に入れた龍票でこのピンチを乗り越えていく子俊。 

龍票とは
明朝末期、満州族が中原制覇を目指した際に、中原の漢民族の商人から密かに軍費を借りようと画策。太宗皇帝は中原を制覇した暁には、利息を加えて返すと約束し皇帝の印・玉璽が捺された証文を龍票と呼ぶ。祁子俊が手に入れた龍票は、皇帝を暗示する九匹の龍と五つの瑞雲が描かれているほか、「天に命を受け 恵み天下を覆う」の文字が記されており、龍票の中でも最高の価値を持つものとされている。



お互いの腹を探りあいながら遠まわしに語られる台詞が多く、そこが面白いけど台詞の意味することをちゃん読み取ろうと真剣にみることになりかなり疲れました~。少し難しいけれど見ごたえのある作品でした027.gif

このドラマの主人公「祁子俊」は、腐敗した役人を相手に生き抜いていくため賄賂は渡すし違法行為もします。でも本人なりの守るルールみたいなものはあって、私には何とか許せるぎりぎりな感じに描かれています。
なので主人公が素敵♪と思うことはありませんでした。清廉潔白で立派すぎるよりは人間らしいといえるかもしれませんが…、
祁子俊をめぐる4人の女性、関素梅、潤玉、席慕筠、玉麟。
それぞれ生き方が違いと祁子俊との関係が微妙で絶妙で全員かなり美人。
無理やり義母に結婚させられたのに子俊を愛してしまったのが関素梅の不幸の始まり。
席慕筠は太平天国のために生きようとするのがかっこよかった。
潤玉は子俊の本命の女性、流刑から戻ってからはたくましいですね。最後炎を背に歩く姿はかわいそうでした。
わがまま玉麟は最後けなげで可愛かった。

最終回、祁子俊と奕訢が初めて面と向かって本音を語るシーンは圧巻です。
二人の俳優の演技に感動しました。

ラストの世禎の姿に子俊の最初の旅の姿と重なり、世禎も自分の力で生き抜いていけそうで少し安心。

私はストーリー展開よりも、どちらかといえば自分の知らない中国の票号という世界や清朝末期の様子知ることが出来た興味深いドラマと言えます。
中国に興味のある方はぜひどうぞ
☆3

2010年12月視聴
[PR]

by jiyong-xg | 2011-01-29 13:36 | 龍票 清朝最後の豪商 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。